がんの再発予防について

積極的な治療が再発予防のカギを握る

再発予防
初期治療後は、医師の作成した再発予防計画をきちんと受けることで、可能な限り再発を防ぎます。

患者さまの中には、「初期治療後、定期的に検診を受けていれば、再発を早期に発見ができる。たとえ見つかったとしても、それから抗がん剤治療などを受ければ、完治できる」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、がん細胞はμ(ミクロン)単位の大きさなので、目に見えない微小な細胞が検診の網をすり抜け、知らぬ間に全身に広がっていくケースがあります。

再発予防にも効果が期待される免疫療法

再発予防再発したがんは手術で取り除くこともありますが、部位や大きさ次第ながら、手術が困難な場合がほとんどです。また、再発時の手術は周囲の組織や肉体に再び少なからぬダメージを与えることは避けられません。こうして重要になるのが、がんを再発させない為に手術などの初期治療後に行われる”再発予防治療”です。

再発予防には抗がん剤治療や放射線治療など様々な治療方法があります。一般的には抗がん剤を用いる再発予防治療が行われていますが、この治療法には重い副作用が伴います。

そこで近年、再発を防ぐための治療として注目されているのが免疫療法です。抗がん剤と違ってほとんど副作用がなく、全身に点在するがん細胞を攻撃し、再発予防への効果があるとされており、治療を受けながらも普段と変わらず快適な日常生活を過ごせる点が魅力です。免疫療法は再発を予防する治療の選択肢のひとつとしても、ぜひ加えたい治療法といえるでしょう。